希望と恐怖

4月9日

 

留置場を出てから1か月と11日目・・・・・・・

 

予期していた事態が起こりました。

 

最近の本人の状況は、1週間ぐらい前からそわそわと落ち着きのない態度と、離婚した嫁さんの誹謗中傷(昨日は殺してやる!と怒鳴っていました)
睡眠傷害に食欲減退

 

部屋はいつもきれいにしているのですが、臭いが昔のあの青臭いにおいに変な洗剤を混ぜたような一種独特のにおいがしています。

 

もうわかっています。。。。。
やっちゃったんですよww

 

案の定ゴミ箱の中から使い終わったハーブの袋が出てきました(涙)
でも泣いてはいられません!!!

 

早速ダルクに連絡
そして仕事先の社長と主人にも連絡入れて、家に入れない心構えをしなくては

 

でも一つ困難が待ち受けています。
仕事先の社長はまだチャンスを与える気持ちのようです。

 

私は受け入れられないとはっきり言ったんですが、まだ行動に移すなと言われました。

 

たぶん今夜本人は、私に憤慨して帰ってくるはずです。
そうしたら家にはいれないので、逃げるしかない。

 

身長180センチのがっちりした本人に太刀打ちのしようがありませんから。

 

とりあえず車のカギとクレジットカードに少しばかりの現金は手元に用意しています。

 

まずは本人の回復を願って今を乗り切ることだけです。

 

「ダルクに行くか刑務所に行くか」
この選択を本人に迫る時が来たようです。

 

<< 薬物依存症を理解する>> つきはなし