つきはなし

前頁で書いたことの続きになります。

 

本人が務めている職場の社長に、「またハーブをやっている様子がありますので、仕事はくびにしてください!」と電話をしました。
2時間後ぐらいに本人と社長が家に来て話し合いをしました。

 

部屋を見たら脱法ハーブの使った跡があったことを伝えました。

 

本人はかなり憤慨していました。
社長にもくってかかりましたが、なんとかその場は収まってもう一度職場へともどりました。

 

帰ってくるなりかなりの興奮状態でドアをバタンと開け閉めする音が聞こえ、主人との話し合いで、私は隠れている。なにかあったらすぐに110番すること。という段取りはしました。

 

主人と本人の言い争っている声が聞こえ、今にもつかみかかりそうになっている状況です。

 

私は居ても立ってもいられず、止めに入りました。

 

喧嘩にならずに済みました。そして主人ははっきりと「今すぐ出てってくれ」と・・・・・・

 

本人はすんなりと「出ていく」と言いました。(ラッキー)

 

荷物をまとめるのを手伝えとの【命令】
最後の本人への奉仕と思って私も2階の部屋に上がり手伝いましたが、本当は私にありったけの思いをぶちまけたかったらしく、1時間ほど本人の「罵詈雑言」を黙って聞いていました。

 

もう気が済んだから行っていいよと、先ほどまでの興奮はおさまったらしく普通に言いました。

 

最後に「ゴメン」と一言

 

「じゃあね」と私・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その日はほとんど眠れなかったです。

 

あれから約1か月が経ちましたが、結局本人から電話があれば出るし、荷物を取りに戻れば家に入れてやる。

 

こんな状態で昨日「家族会」へ行きました。

 

昨日は茨城ダルクの「岩井さん」が来てくださいました。
GWなので、かなり道が渋滞していて15分ほど遅れて到着。
もう岩井さんの講義が始まっていました。

 

岩井 喜代仁(イワイ キヨヒロ) 1947年京都府宮津生まれ。薬物依存者のための民間の社会復帰施設・茨城ダルク「今日一日ハウス」代表。

 

最後に岩井さんのカウンセリングをしていだたきました。

 

お母さんがしっかりとつきはなしをしなければなにも変わらないよ!!

 

とのあつ〜い一言を頂戴しました^^;

 

<< 希望と恐怖>> 葛藤