まだまだ共依存?

最近とくに思うことは、本人がまだ普通に見えた?頃

 

二男の婚約者はひょうきんな子で、「お兄さんってかっこいいですね〜♪」
なんて、二男の前で平気で言います
それを横目に二男はそうだね〜。。。ノホホン(笑)

 

こんなカップルですが、彼女の言うとおり背が高くて足が長くがっしりした体型、鴨居に頭をぶつけて歩くような青年でした。
生まれた子も今は長女が小学校入学、二女は4歳のやんちゃ盛りで、特に長女は背がスラッとしていて長身の美人さんです。
これは身内びいきもありますが^^;
嫁さんもスポーツで活躍した思いっきり体育界系のしっかりした万能型タイプ

 

なんとも理想の家族ではありませんか!!

 

なんだか夢を見ていたみたいです。

 

孫と二人で町内のお祭りに行ったこと
主人と孫と3人で震災前の松島に行ったこと
おしゃべりが大好きな孫
3歳だった孫は言葉も片言で、主人(爺ちゃん)との会話に大笑い

 

そんな日々がよみがえり、毎日涙せずにはいられない

 

本人も昔の面影はみじんもありません
痩せこけて今にも倒れそうなその体は、「早く何とかしてくれ」と悲鳴をあげているようです。

 

最近、住所が家になっているので保険契約の書類とか税金関係の納付書が届きます。

 

「なんとか連絡をとっていただけませんか」と、車の保険会社のほうからも電話が来ます。
しかたがないので、本人に電話をしましたが出ません。
何時間か経ったときメールがきました。
たぶん私の声を聞きたくないのでしょう。
良い兆候だと思います。

 

で、メールに要件を入れて送りました。

 

これはやって良いこと?やってはいけないこと??

 

わからないことばかりですが、家族だって病気なんだからしょうがない。

 

一歩一歩成長するのみです。
ゲシュタルトの祈りを唱えながら・・・・・・・

 

わたしはわたし
あなたはあなた
わたしはわたしのことをする
あなたはあなたのことをする
わたしはあなたのきたいにこたえるために
このよにいきているわけではない
あなたはわたしのきたいにこたえるために
このよにいきているわけではない
あなたはあなた
わたしはわたし
ぐうぜんふたりがであえばそれはすばらしいこと
であわなければしかたのないこと

 

<< どう対処すればいい?>> ジレンマ・あせり