決心

2012年12月13日は、忘れたくても忘れられない日

 

息子の早朝の訪問、そして初めて自分の親族が警察に逮捕された日

 

嫁さんが9時ごろやってきました。

 

息子が子供の保育園の周りを車で通って行ったということで、子供がさらわれるかも、そして他の園児たちに危険が及ぶかもしれないと心配していました。

 

ハーブを持って行ったのでやってるし、ますますひどい状態になっているかもしれないとみんなで心配しました。

 

麻薬だけじゃなく傷害にまでなってしまったら取り返しがつきません。

 

大の男を、しかも麻薬をやってて精神的に危険な状態である男を素人が捕まえることなんてできない・・・・・・

 

結局警察署に行く決心をしました。

 

12時過ぎ警察署に行き、今までの成り行きを話し、なんとか捕獲してもらいたいと頼みました。

 

そして、警官5人が嫁さんと息子の待ち合わせ場所に行くことに(警察署に行ったとき、嫁さんに息子から「なんとか助けてほしい」という電話があったのです)

 

午後4時ごろに息子は捕まえてもらいました。

 

警官の姿を見るとおとなしく素直に捕まったそうです。

 

 

警察署での取り調べが始まり、検査をした結果「大麻」も出てきました。

 

脱法ハーブだけならば罪には問われることはなかったのですが、大麻も所持していたことから、一気に逮捕ということになりました。

 

一番恐れていたことです。

 

でも、そういうこともありかもと前もって話していたので、それほど大きいショックはありません。

 

ただただ息子がもっと大きい罪を犯す前に捕まったことで、ホッとしました。

 

取り調べが終わり、部屋から出てきた息子を見たとき、何とも言えない気持ちになりました。
声をかけられません。なんて言ったらいいのかわかりません。
息子の方から「ごめん」と一言、そして「泣くなよ」という言葉

 

泣くわけないでしょ!!

 

と言ったのを覚えています。

 

話したのはそれだけでした。

 

嫁さんは息子の顔を見るなり泣きじゃくっていました。
すごく切なかったです。

 

こんな息子のためにこんなにいい子が大変な思いをしているのですから。。。。。。
高校生の時同じクラスで、息子がちょっとおかしくなったときに一番助けてくれた親友でもあった嫁さん。
頭のいい学歴のある人が、うちの息子と結婚すると聞いたとき、ちょっとばかり耳を疑いました。

 

そして今現在、思いもよらない苦労をしょい込むことになりました。

 

ほんとうにゴメンナサイ!

 

<< 弱虫な母親>> 世間体